スポーツ外傷・障害

スポーツをすることによって引き起こされた「ケガ」には、大きく「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」に分けられます。スポーツ外傷は、スポーツをしている最中に一度の大きな外力によって発症したもの。またスポーツ障害はスポーツにおいて同じ動作を繰り返すなどオーバーユース(使いすぎ)や、負荷が持続的にかかってしまうことで発症するものです。

スポーツ外傷としてあげられる主にものは、突き指、打撲、骨折、脱臼、捻挫、切り傷、靭帯損傷、腱断裂、肉離れ等、またスポーツ障害としてあげられる主なものには野球肩、野球肘、テニス肘、テニスレッグ、ゴルフ肘、ランナー膝、ジャンパー膝、アキレス腱炎、疲労骨折等があります。
スポーツ外傷・障害が他の外傷やケガと異なるのは、通常の場合、日常生活に復帰できる機能の回復を目指すものですが、スポーツによる場合は、再びスポーツができるレベルまでの回復が目標となり、より早期に、より高レベルへの復帰が求められます。そのためには、通常の整形外科の視点に加え、競技別による外傷や障害の発症メカニズムの視点や、トレーニング理論からの視点も診療には必要になります。

当クリニックでは、治療に当たって、患者さまがされているスポーツの種類やケガの発生状況、また年齢や競技歴、目標とされていることなどを丁寧にお伺いし、リハビリテーションも含めた治療計画を立て、早期復帰、および予防についても念頭に置きながら診療を進めていきます。早期復帰のためには早期からの治療が重要です。早期に適切な治療を行わなかったために、さらに障害につながってしまう場合もあります。外傷を受けた場合、また異常を感じ始めたら、なるべく早くのご受診をお勧めします。

主なスポーツとスポーツ外傷・障害(例)

サッカー
  • 足関節の捻挫
  • 手・指の骨折
  • 手関節の捻挫
  • 打撲
  • 肉離れ 他
野球・ソフトボール
  • 野球肩
  • 野球肘
  • 投球障害
  • シンスプリント
  • 腰痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎分離症
  • すべり症
  • 肩インピンジメント症候群 他
サッカー
  • 足関節の捻挫
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 肉離れ
  • 手・指の骨折 他
テニス
  • テニス肘
  • 肩インピンジメント症候群
  • シンスプリント 他
バスケットボール
  • ジャンパー病
  • 足関節の骨折
  • 突き指
  • 足底筋膜炎
  • 肉離れ
  • シンスプリント 他
ラグビー
  • 骨折
  • 打撲
  • 肩の脱臼
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 肉離れ  他
柔道
  • 足・指の骨折
  • 鎖骨の骨折
  • 足関節の捻挫
  • 手・指の骨折
  • 膝関節の捻挫 他
陸上
  • ランナー膝
  • ジャンパー膝
  • シンスプリント
  • 足底筋膜炎
  • 外脛骨炎 他

部位別のスポーツ外傷とスポーツ障害(例)

部位 スポーツ外傷 スポーツ障害
頸部 頸部(頚髄、頸椎)損傷、バーナー症候群  
肩・上腕 投球骨折 野球肩、水泳肩、上腕二頭筋長頭筋障害、肩峰下インピンジメント症候群
胸部   助骨疲労骨折
肘関節、前腕   野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、離断性骨軟骨炎、尺骨疲労骨折
手、指 スキーヤー母指、槌指  
腰部   脊椎分離症
大腿   大腿骨疲労骨折
骨盤、股関節 骨盤裂離骨折 坐骨結節骨端症、骨盤疲労骨折、大腿骨頸部疲労骨折
脚の筋肉 肉離れ・筋断裂、筋挫傷  
膝・下腿 半月板損傷、膝十字靭帯損傷、膝蓋骨脱臼 離断性骨軟骨炎、ジャンパー膝、ランナー膝、腸頸靭帯炎、鵞足炎、シンスプリント、オズグッド・シュラッター病、シンティングラーセン・ヨハンソン病、脛骨疲労骨折、腓骨疲労骨折、テニスレッグ
アキレス腱断裂、足関節靭帯損傷 シーヴァー病、アキレス腱炎・周囲炎、足底腱膜炎、中足骨疲労骨折、踵骨疲労骨折、舟状骨疲労骨折
院長
岡本 康義
診療科目
整形外科・リハビリテーション科
住所
〒491-0057
愛知県一宮市今伊勢町宮後字郷東23番7
名鉄「今伊勢」駅 徒歩3分

0586-52-2662

▲土曜日は8:30~13:00まで

休診日水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

受付時間受付時間は診療時間開始15分前から診察時間終了まで

【19時30分の診療時間終了間際まで受け付け可能です】

診療時間 日祝
8:30-12:00
16:00-19:30